お知らせ

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。」


公立高校合格必勝パック (価格:5,000円)


詳しくは、こちらから。

2010年12月25日

徳川家康の幼名は?

家康公検定 満点合格の3人に大賞 岡崎で表彰式(朝日新聞より)

9月に行われた「岡崎 家康公検定」の表彰式が27日、岡崎市中町6丁目の長誉館であり、100点満点で合格した3人が大賞として表彰された。

このうち、西尾市出身で横浜在住の鈴木慈子さん(38)は「歴史が好きで受験しました。満点で合格できてうれしい」と喜んでいた。

検定は全国から717人が受験した。70点以上の合格者は564人で、合格率は78.7%だった。

表彰式では最高齢で合格した85歳の男性と最年少の小学4年生6人も招かれ、特別賞が贈られた。

表彰式に先立ち、徳川宗家第18代当主で徳川記念財団理事長の徳川恒孝さんの記念講演があった。

徳川理事長は「家康公検定が実施され、徳川家としてうれしい。4年、5年と続けていただき、岡崎や家康のことに思いを巡らせてほしい」と話した。

続き(二択問題:徳川第6代将軍は? 他)は、こちらから。
posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 12:36 | 歴史

2010年12月18日

日本国憲法の公布日は?

strong>赤じゅうたん踏んじゃった 議会120年記念、国会公開<(朝日新聞より)

議会開設が今年で120年になるのを記念して4日、予約不要で国会見学ができる特別参観が行われた。

特別参観は5日も午前9時から行われ、最終受け付けは午後4時。

4日は午前9時に400人を超える人が列をつくり、国会の開会式に天皇陛下を迎える際や、選挙後に議員が初登院する場合に開かれる中央玄関から入場。

「赤じゅうたん」の踏み心地を楽しんだり、入ってすぐの中央広間にある初代首相の伊藤博文や国会開設に尽力した板垣退助の銅像を写真に収めたりした。

特別参観では通常の参観コースでは傍聴席からしか見学できない参院本会議場や、予算委員会や党首討論が開かれる衆院第一委員室を開放。

また大臣室や閣議室も公開している。議事堂のストラップや歴代首相の似顔絵が入ったマグカップなど、国会関連グッズの販売コーナーもある。

関連行事として近くの憲政記念館では10日まで、坂本竜馬など日本の議会開設にまつわる人物の書簡や日記などを展示する「議会政治展示会」を開催している。

続き(二択問題:日本国憲法が公布された日(11月3日)は、祝日法では、何の日? 他)は、こちらから。
posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 12:22 | 公民

2010年12月11日

勘合貿易とは?

足利義満創建の「鹿苑院」跡か 京都で遺構発見 (朝日新聞より)

室町幕府3代将軍・足利義満(1358〜1408)が創建した「鹿苑院(ろくおんいん)」の遺構が、同志社大の今出川キャンパス(京都市上京区)で見つかった。

建物は江戸時代の古地図に記されていたが、研究者は「存在が初めて裏付けられた」と説明する。同大が24日、発表した。

同大によると、鹿苑院は大学に隣接する相国寺(しょうこくじ)の塔頭(たっちゅう)として、義満が1383(永徳3)年に創建した。

義満の禅の修行場に使われ、当時の有力な禅寺「京都五山」(天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺)を統括する役割も担ったとされる。

今回、建物の柱を支える「根固石(ねがためいし)」を6カ所で確認。

それぞれ拳大の石が直径約1メートルの円状に敷き詰められており、鹿苑院の仏堂跡とみられる。周辺からは、器の底に「鹿」と書かれた瀬戸焼も見つかった。

その形から14世紀末ごろの製作とみられ、鹿苑院の創建時期とも一致。鹿苑院が当時からこの地にあった可能性が高まったという。

同大はキャンパス整備に伴う発掘調査を8月から始め、来年3月まで続ける。

鹿苑院には義満の墓もあったと文献にあり、同大歴史資料館の浜中邦弘講師は「戦乱で破壊されていなければ、今後の調査で墓石の発見も期待できる」と話す。

続き(二択問題:中国で、明に代わって17世紀に成立した国は?他)は、こちらから。
posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 12:14 | 歴史

2010年12月04日

平安京に都を移した天皇は?

平安貴族彩る金の糸 平等院鳳凰堂で発見の織物(朝日新聞より)

世界遺産の平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都府宇治市)にある国宝の本尊付近で2004年に見つかった織物片の両面に金箔(きんぱく)を張った紙の糸が織り込まれていることが分かった。

平等院が11日、発表した。

10〜12世紀に中国・宋で作られて輸入されたきらびやかな織物だった可能性が高く、専門家は「織物の歴史を知る上で貴重な資料だ」と話している。

織物片は04年から平等院の本尊などを運び出して手入れした「平成の大修理」の際、本尊・阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)の台座(直径約2.7メートル)内部のすき間から、ガラス玉などとともに発見された。

日本女子大の小笠原小枝教授(染織史)らが調査していた。

続き(二択問題:都を平城京に移されたのは、いつ? 他)は、こちらから。
posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 15:19 | 歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。