お知らせ

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。」


公立高校合格必勝パック (価格:5,000円)


詳しくは、こちらから。

2012年03月09日

武田氏の分国法は?

色あせぬ戦国時代の甲州金 1月の特別展前に報道陣に公開 (産経ニュースより)

昭和46年に山梨県甲州市勝沼町のブドウ畑から出土した戦国時代の「甲州金」。

県がこの秋、1億円で所有者から購入し、来年1月2日から県立博物館(同県笛吹市御坂町)の特別展「戦国時代の甲州金」で一般公開される。

これに先立ち、県立博物館で21日、報道陣に公開された。土中に約500年もの間眠り続けていた甲州金だが、色あせることなく黄金の輝きを放ち、純度の高さを物語っている。

公開された甲州金は碁石金18点、小判型の蛭藻(ひるも)金2点、甲州金に関する古文書類。

この甲州金はブドウ畑の所有者がブドウの木の根に肥料を与えようと根元を掘ったところ偶然発見した。

16世紀以降には甲州金にも刻印が押されているが、この甲州金に刻印はない。

同時に出土した渡来銭から判断して、15世紀後半から16世紀に軍用金として使われたものとみられる。

続き(二択問題:応仁の乱が起きたのはいつ?他)は、こちらから。
posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 12:00 | 歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。