お知らせ

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。」


公立高校合格必勝パック (価格:5,000円)


詳しくは、こちらから。

2011年02月04日

通常国会(常会)は、原則何日間なの?

衆院解散・総選挙「状況に応じて」…岡田幹事長(読売新聞より)

民主党の岡田幹事長は9日のNHK番組で、衆院解散・総選挙について、「解散をしない(と決める)必要はない。状況に応じてそういうこともあるかもしれない」と述べた。

通常国会での野党側の抵抗をけん制する狙いがあるとみられる。

岡田氏は「今年は成果を出す年だ。解散・総選挙より、しっかりと野党と議論して、早く予算、法案を成立させたいと考えている」とも語った。

参院が問責決議を可決した仙谷官房長官らへの内閣改造での対応に関しては、「法律上、辞めなければならないということはない。しかし、院の意思が示されたことは真摯(しんし)に受け止め、反省しなければいけない」と述べた。

1.総選挙を実施する時期は?

以下、日本国憲法:第54条です。

第1項 衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行い、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。

第2項 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。

但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。

第3項 前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであって、次の国会開会の後10日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失う。

数字(『40日以内』、『30日以内』)には、注意してくださいね。

反対に覚えないようにね。


2.衆議院の優越権とは?

以下、日本国憲法:第59条です。

第1項 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

第2項 衆議院で可決し、参議院でこれと異なった議決をした法律案は、衆議院で出席議員の3分の2以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

第3項 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。

第4項 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取った後、国会休会中の期間を除いて60日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

以下、日本国憲法:第67条です。

第1項 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だって、これを行う。

第2項 衆議院と参議院とが異なった指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

上記のような衆議院の優越権は、衆議院は、議員の任期が短く解散の制度もあるので、民意をよりよく反映していると考える為に設けられています。→『文章問題で出題されやすい事項です。』


3.民主党の初代代表は?

民主党は、1998年に、民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合の4つの党が合流し、新しい民主党の結成されました。

初代の党代表は、現在の菅直人総理大臣でした。




二択問題:通常国会(常会)は、毎年何回行われているの? 

A 1回
B 2回










答えは、Aの『1回』です。

通常国会(常会)は、毎年1回、1月に召集されます。会期は、原則150日間で、1回延長することができます。

ちなみに、特別会及び臨時会は、2回延長することができます。


以下、日本国憲法:第52条です。

国会の常会は、毎年1回これを召集する。


以下、国会法:第2条です。

常会は、毎年1月中に召集するのを常例とする。


以下、国会法:第10条です。

常会の会期は、150間とする。

但し、会期中に議員の任期が満限に達する場合には、その満限の日をもって、会期は終了するものとする。


以下、国会法:第12条です。

国会の会期は、両議院一致の議決で、これを延長することができる。

会期の延長は、常会にあっては1回、特別会及び臨時会にあっては2回を超えてはならない。











今週の確認問題!(ヒントは、このブログに掲載しています。)

Q.衆議院の総選挙は、衆議院の解散の日からいつまでに行うの?

Q.衆議院の再議決できる要件とは?

Q.民主党が結成されたのはいつ?

Q.通常国会(常会)は、原則何日間なの?

Q.通常国会(常会)は、毎年何月に召集されるの?





posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 08:22 | 公民
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。