お知らせ

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。」


公立高校合格必勝パック (価格:5,000円)


詳しくは、こちらから。

2011年10月21日

東大寺が建てられたのは、何時代?

東大寺の至宝、里帰り ミュージアム10日開館(朝日新聞より)

東大寺ミュージアム(奈良市水門町)が10日、グランドオープンする。

9日の法要や内覧会、記念式典には300人が出席し、寺宝の新たな展示施設の開館を祝った。

展示室に並ぶ文化財のうち、弥勒如来坐像(ざぞう=重要文化財、9世紀)や西大門勅額(ちょくがく=同、8世紀)、誕生釈迦(しゃか)仏立像と灌仏(かんぶつ)盤(国宝、8世紀)などはこれまで、隣の奈良国立博物館に収蔵されていた。

いわば「里帰り」。同博物館にとっては慣れ親しんだ展示品とのお別れでもある。しかし、法要に参列した同博物館の湯山賢一館長は「奈良を紹介する施設の仲間が増えたことを歓迎する。新しい連携が始まるだろう」と話した。

ミュージアムには古い文化財以外にも目玉がある。エントランスホールに飾られた漆工作品「天平の瑞鳥(ずいちょう)」は、人間国宝・北村昭斎さんの作品だ。

正倉院から取り出された陰陽の宝剣と昨年判明した大刀に施されていた、花喰鳥などの文様をモチーフにした。

長さ2メートル、幅40センチは本物の10倍の大きさで、金でできた花喰鳥が黒い漆の面にくっきり浮かぶ。

寺側から制作依頼があったのは今年2月。古代の技法に忠実な制作は、およそ半年間かかった。

北村さんは「大刀のX線写真なども参考にした。間に合ってほっとしました」と話した。

式典では、梶谷亮治館長が「奈良時代は信仰と美が深い関係にあった。

その遺産を身近に体感できる場でありたい」と抱負を述べた。また、ミュージアムが入る東大寺総合文化センターの総長をつとめる森本公誠長老は、開館を機会に「東大寺学講座」を開設したいと話した。

1.東大寺の代表的作品

以下、東大寺の代表的作品です。

・東大寺→正倉院(校倉造)と御物(ペルシャのガラス器、楽器の琵琶)
・薬師寺→吉祥天画像
・興福寺→阿修羅像
・唐招提寺→鑑真が開きます。

■東大寺HPです。


2.東大寺が建てられた時代は?

東大寺が建てられた時代は『奈良時代』です。

奈良時代は、710年に藤原京から平城京に移された時から始まります。
奈良時代の終わりは、平安京に都を移した『794年』です。



3.奈良時代の文化といえば。。。

奈良時代の仏教を中心とした文化を『天平文化』といいます。

以下、天平文化の特色です。

1.唐風文化→国際性豊かな唐の文化の影響を受けた。
2.仏教中心→仏教が重んじられた仏教中心の文化
3.貴族中心→朝廷の力が強く、天皇や貴族中心の文化

天平文化において、忘れていはいけないのは、『遣唐使』ですね。

遣唐使といえば、安倍仲麻呂、吉備真備、鑑真の3人を忘れてはいけません。
なお、鑑真は、遣唐使ではなく、唐から日本に来た中国の僧という点に、注意下さいね。

鑑真像の写真は、よく出題されていますので、このページで確認下さいね。

上記ページの写真を見たら、『鑑真→唐招提寺』をセットに思い出すようにしましょうね。




二択問題:唐が成立したのは?

A 608年
B 618年











答えは、Bの『618年』です。

唐は、618年に成立しました。

唐の前が『隋』で、唐の後が『宋』です。

・隋→遣隋使
・唐→遣唐使
・宋→日宋貿易

















今週の確認問題!(ヒントは、このブログに掲載しています。)

Q.奈良時代は、いつから始まったの?

Q.東大寺が建てられたのは、何時代?

Q.奈良時代の文化といえば。。。

Q.鑑真が開いたお寺は?

Q.唐が成立したのはいつ?





posted by 高校受験:社会対策(応援)委員会 at 16:55 | 歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。